2012-07-30(Mon)

気温は暑く財布は寒く

今月、財布がピンチです。
今月はもらいが思ったよりよくなかったうえに、
私や母の医療費、仕事がきつくなったので
疲労回復グッズなどで散在してしまったのが
主たる理由です。

あと、結構交際費にも思ったより費やしたなあ…。
レシートは残っているので一度きちんと家計簿を
つけてみる必要がありますね。

自分の懐を常に把握しておくことは
やはり大切なことなのです。
スポンサーサイト
2012-07-25(Wed)

おやつ




ミルクプリンです。

これは「美味しんぼ」に載っていて(58巻だったかな?)、
ためしに作ってみました。

小麦粉を炒って香ばしくして(焦がさないように)
牛乳とゼラチンを混ぜて冷蔵庫に入れて固める、と。

お味のほうはまあ、よかったです。
優しい感じというか。これなら確かに離乳食にも
よさそうです。
2012-07-24(Tue)

今日の昼食




今日の昼食はサラダめん(みそ味バージョン。
具はシンプルにコーンと水菜)と野菜の(ニンニク・
人参・もやし・水菜の葉の部分)みそスープです。

ソースにはごまドレッシングを使いました
(コールスローにねりごまを混ぜても)。

近頃野菜不足が気になったので。
2012-07-23(Mon)

はじめてのネットショッピング

先日、生まれて初めてネットショッピングをしました。
コンビニでギフト券を買って、サイトにログインできるようにして…。

買ったものは古本です。
近所の古本屋さんや書店にないものはもちろん、
図書館で見つけて欲しいと思ったのに
絶版になってしまったもの、以前父に勝手に捨てられて
しまったもの、発売当時に金銭的事情が許さなかったもの、
他に気になるもの、まとめて購入しちゃいました。

たくさんの宝物に囲まれて、まさに大満足の天国です(*^_^*)
2012-07-13(Fri)

カエルの王女さま

まとめ感想です。

昨今のリバイバルブームに乗って作られたのか、
懐かしの名曲がいっぱいです。

ドラマとしては余所からやってきた(今作の主人公の場合、
帰郷ですけど)一芸に秀でた人間が地元の何かしらの
チームにコーチとして就任して厳しい特訓を課し、
チームのメンバーはそれぞれに悩み、
傷つき、そして時にぶつかり合いながらもやがて成長していく…
とまあ王道なストーリーです。
「主人公が重大な選択を迫られる」「悪いことは重なるもの」
というのもドラマやアニメでよく出てくるセオリーの通りでしたし。
でも、充実度は高かったと思います。

伏線もうまく張っていたし、メンバーの変化や成長、
主人公たちの敵役の市長の策略が崩れゆくさまも
11話分しかないわりに丁寧に描かれていたと思います。
コメディとしても良い出来です。

作中でお披露目されていた曲も、
曲に合わせてドラマを作ったのか、ストーリーに合う曲を
選びに選び抜いたのか、どちらかはわかりませんが、
各々のキャラの心情や立場、その時のストーリーに
すごくマッチしたものでした。

しかも、懐かしの曲ばかりでなくこのドラマでしか聴けない曲が
あるというのも嬉しびっくりです。

(第四話)大島優子さん(まひるちゃん)の泣きの演技、
あまり上手ではなかったように感じます。ウソ泣きみたいで。
ただ、やっぱり本業は歌手さん。イザ、というところでは
ビッと決めてくれました。

玉山鉄二さん(一希くん)、結構重要な役どころでした。
ゆえに結構美味しいところを持っていってました。

第十話で主人公が重大な二者択一を迫られて、
仲間と一緒にいることを選んだ時に気が付きました。
主人公はみんなを変えた、だけど主人公もまた
変わっていったんだということに。

お話が始まったばかりの頃、主人公は
虚栄心ばかりが強くて、やや精彩に欠いた
おばさんダンサーで、就任したチームのメンバーのことも
自分が返り咲くための「手段」としてしか見ていませんでした。

ですが、帰郷して、合唱団のコーチとして就任して、
様々な事情を抱えたメンバーと接し、懐かしい人に
再会していくうちに自分を見つめ直す機会を得たからでしょう。

いつしか仲間を、想い出の地を、自らが生まれ育った街を
大切なものとして認識していくようになり、人間的にも
より逞しく、温かく、カッコよくなっていったと思います。

DVDが出たらドラマを見たことがない人はもちろん
ちゃんと見ていた人も改めて見てみたらまた何か
新しい発見があるかもしれません。

物語の最初と最後の話で歌われていた「風になりたい」の
聴き比べをするのもいいかもです。
たどたどしくて、まとまりに欠けていた最初と
結束が強まり、メンバーそれぞれが成長を遂げた最終話とでは
どのように違っているのでしょう。
2012-07-05(Thu)

今日のお昼




咳が止まらなくて昨日はムリヤリ早退させられ、
今日も咳が止まらない&病院に行くということで
仕事を休みました。

今日作ったのは薬膳粥です。
身体もこんなですし、ここのところイタリアンな料理が
多かったのでたまには中華風に。

これも「中華一番!」に出てきた料理で
「料理虎の巻」に作り方が載っています。
ただ、私流に少しアレンジを加えてあります。

醤油の味を少し強めにし、しょうがを「ええっ、そんなに!?」
というくらいに入れています。

あと、臓物はレバーのみでなくいろいろ入れています(砂肝とか)。
早く病気がよくなりますよーに!
2012-07-04(Wed)

夏ドラは

GTOを見ることにしました。
GTOは1998年に放映されていた
(この時も夏ドラで、火曜夜10時に放映されていました)
反町隆史さんのバージョンも知っています
(ちなみにその反町隆史さんは木曜夜10時放送の
「東野圭吾ミステリーズ」で出演されるとのこと。
それともう一つ。反町隆史さんはこのドラマで松嶋菜々子さんと
共演したことがきっかけで結婚したんですよね)。
全話見てました。以後反町君主演のは98年版、
今年放映のは12年版と称します。
それゆえ感想は98年版との比較になっていくと思います。

まずは主人公のビジュアル。
ビジュアルのイメージは今回出演されているAKIRA君のほうが
反町君よりも原作に近いと思います。
金髪短髪だし、まあ、ああいうメイクなのでしょうけれど、
下品でキタナイ(清潔感に欠ける)感じとかも鬼塚君しているかなと。

一方反町君はAKIRA君扮する鬼塚に比べるとあまりヤンキー臭はせず、
強引なやり方の熱血教師、というような感じだったと思います。
粗野な感じはありましたけれど。
あと、常に初体験の機会をうかがって避妊具を持ち歩いていましたっけ…。


「冷たい壁」のエピソードについて。
今回は杏子(後で知ったのですが、この杏子がいじめていた
「吉川のぼる」という子の役、98年版では小栗旬が演じていたそうです)
についての話になっていますが、
原作・98年版では「ナナコ」という女の子のエピソードになっています。

この「ナナコ」は原作では初期のみの登場ですが98年版では
しっかり主要キャラにおさまっています。
ドラマでは安室奈美恵の「Can you cerebrate?」を
歌ってみんなをドン引きさせていました。

カラオケといえば、今回杏子がAKB48の
「ヘビーローテーション」を歌っていました。
この辺を比較しても、原作は同じとはいっても時代の流れを感じます。


ああ、そうです。
以前聞いた話なのですが、鬼塚役は元KAT-TUNの赤西仁君が
やるはずだったのを降板したとか。
今年の初めの黒木メイサちゃんとのでき婚話といい、
何かとお騒がせな人ですね。

赤西君の演技は五年前の秋ドラ「有閑倶楽部」で見たことがありますが、
やはり鬼塚君は赤西君よりAKIRA君のほうが適任だったと思います。


最後に。先月終了した私が見ていた春ドラ
「カエルの王女さま」「三毛猫ホームズの推理」の
まとめ感想は後日アップしたいと思います。
2012-07-03(Tue)

すんまそです

夏風邪で寝込んでいたので更新ほったらかしになっていました。

ある程度体調は回復したので今まとめて原稿を書いているところです。

病気をすると、つくづく健康ってありがたいなと思います。
2012-07-02(Mon)

職場に出てみたら

熱も下がって、何とか咳が残っているのみ、
というところまで回復したので今日は仕事に行きました。

職業柄、手はいつもしっかりと洗って、マスクも二重に
装着しているのにどこで風邪菌をもらってきたんだろう?

久々に職場に出てみたら、仲間の一人が辞めてしまったとのこと。
比較的仲良くやっていた人なのでちゃんとお別れが
出来なかったのが心残りです。
私、いつも元気で(といっても別に通院中の病気があるのですが)、
仕事もめったに休まないのに何でよりによってこんな時に。
2012-07-01(Sun)

とうとう

気管支炎になってしまい、昨日は仕事を休んで
病院に行ってきました。

気管支炎は、二年前にもやっているのですが
いやあ、辛いのなんのって、
数日間激しい咳でまともに寝られず、
そのあとも一か月間発作のように咳が続きました。

薬を飲んで寝ようにも体が痛いわ寒気がするわで
まさに地獄です。
ゆえに昨晩はあまり寝られず今日も仕事を休みました。

妹に冷凍ペットボトルを買ってきてもらって、
額とわき下を冷やすようにして、首を温めて、
牛乳を飲んだら少しは楽になりました。

冷凍ペットボトル、これは重宝します。
中身を飲み終わった後も、キレイに洗って
水を入れて凍らせれば今回みたいに氷のうの代わりになるし、
保冷材の代わりとしても使えます。
大きな氷なので、溶けにくいのもありがたいです。

ああ、そうです。
風邪をひいていると雑炊やうどん、葛湯が
無性に欲しくなります。
そして実際にこれらのものを摂取すると
少し調子がよくなります。

病気をするって、つまらないですね。
何にもできないんですもの。
料理も、読書も、ドライブも、こうしてブログの管理も。
早く健康体を取り戻したいものです。
まだしばらくは静養が必要でしょうけど。

(注)このブログは後日復調した時に書いたもので
当日に書いたものではありません
(当日は病気で寝込んでいて原稿を
書くどころではありませんでしたから)。
プロフィール

バブリスマン

Author:バブリスマン
今のところは料理やアニメ・ドラマ・映画などの感想などを書いています。声優の置鮎龍太郎さんのファンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR